2017年 法律改正 (17.04.2017)

記事はこちらに移転しました。




121.jpg


追記
これに加えて消費者保護の法律も施行される。日本では合法なセールス電話だが、ドイツでは禁止。お金に困った日本人が、「ドイツ公認の○○アドバイザー」という勝手に作り上げた資格で、なにかを売りつけてくる。これは違法行為で5万ユーロまでの罰金が課される。今や電話はデジタルなので、どこから電話が来たかすぐにわかる。あとはこれをBundes­netz­agenturに送れば、違法なセールスをしている人間、会社に罰金を課してくれる。

又、今後は電話口での承諾は無効となる。電話セールスでも契約するには、契約書を送り、消費者がこれにサインして返送することが必要で、サインしていない契約は無効だ。だから電話口で騙されて承諾しても、契約書にサインして送り返さない限り、契約は成立しない。さらに契約書にサインして送り返した場合でも、1ヶ月間は契約を破棄できる。
スポンサーサイト

COMMENT 0